・武漢艾可亜人材諮詢有限公司
                                                                                                                  試用期間中に妊娠しているとわかった女性従業員が採用条件に適合しないと判断した場合、当該女性従業員との労働契約を解除することができますか?
                                                                                                                  Q:試用期間中に妊娠しているとわかった女性従業員が採用条件に適合しないと判断した場合、当該女性従業員との労働契約を解除することができますか?

                                                                                                                  A:試用期間は労働契約期間内の特殊な期間である。試用期間内では、従業員はいつでも会社への通知を持って労働契約を解除することができる。それに対し、会社側が試用期間内に当該従業員が採用条件に適合しないことを証明した場合のみ労働契約を解除することができる。

                                                                                                                  そして、女性従業員の「三期」(「三期」とは、妊娠期間、出産期間、哺乳期間を指す)の問題については、「女職工労働保護規定」の第4条では、女性従業員の妊娠期間、出産期間、哺乳期間内では、その労働契約を解除してはならないと定めている。一見女性従業員は「三期」内にあれば、会社側は絶対にその労働契約を解除してはならないと思われますが、労働法の第25条に、下記の場合において、「三期」にある女性従業員でも会社側はその労働契約を解除することができると定めている。

                                                                                                                  〇醉儡間中に採用条件に適合しないことが証明された場合
                                                                                                                  ∀働規律又は使用者の規則制度に厳重な違反があった場合
                                                                                                                  職責を著しく怠慢し、又は私利を図ることにより、使用者の利益に重大な損害を与えた場合
                                                                                                                  に,亡陲鼎刑事責任を追及された場合

                                                                                                                  従って、試用期間内では、「三期」内とはいえ、会社側が当該女性従業員は採用条件に適合しないことを証明することができれば、その労働契約を解除することができる。


                                                                                                                   
                                                                                                                  CMSならドリーマASP