・武漢艾可亜人材諮詢有限公司
                                                                                                                  燃える!2007年上海モーターショー
                                                                                                                  燃える!2007年上海モーターショー
                                                                                                                  20070521144709.JPG

                                                                                                                  4月22日は、上海モーターショーの一般公開の初日であった。入場者数は過去最高の10万3567人。上海モーターショーは上海新国際博覧センター全フロアを使用して催された。多くの来場者が次々に会場に詰めかけ、14平米もの展示会場も十分な広さとはいえないようだ。モーターショー当日は大雨であったが世界92ヶ国や地域から来る観衆の情熱を冷ます事はできなかった。さらに国際的な自動車メーカーのGM、BMW,メルセデス・ベンツ、フォルクスワーゲン、トヨタなどのグループ企業のトップが上海モーターショーに姿を表し、新車を披露した。ここまで壮観な光景を目にすることができるのは大々的な国際モーターショーでも少数であろう。

                                                                                                                    今回多くの観衆を惹きつけた展示車は、アウディの新コンセプトカーS07、BMW3シリーズコンバーチブル、ロードスター、華晨A1など。少なくとも5車種が世界初披露された。ホンダはアシモも展示した。海外から直接運ばれた車両は100台余りにものぼり、中国で初めて公開された。今回のモーターショーに展示された車は868台、そのうち輸入車が256台。各項の統計データで中国国内モーターショーの最高記録を打ち立てた。また中国自社ブランド、コンセプトカー、クリーンエネルギー車などが観衆の注目を集めた。

                                                                                                                  今回のモーターショーのコンセプトは『人、車、自然の完全なる調和』。また中国の五一労働節(5月1日から約一週間休日となる)に向けて、メーカー間で熾烈な価格競争が繰り広げられている。以上の要素が直接的・間接的にモーターショーを盛り上げ、4月の上海にホットな風景を生み出した。


                                                                                                                   
                                                                                                                  CMSならドリーマASP